*「一般社団法人 レッズランド」の運営参画について

*2017年2月8日

浦和レッズ後援会は、浦和レッズが進める「一般社団法人 レッズランド」の設立にあたり、この度、その社員としてレッズランドの運営にかかわっていくことになりました。

昨年より法人化した後援会としては、今後の後援会のあり方について各種特別委員会を設けるなどして、事業規模の拡大、安定した収入基盤の確立等を検討して参りました。

一方、浦和レッズもレッズランドの運営方法について検討を進めており、2016年に入ってからは、クラブ側よりレッズランドの法人化に際して、後援会も一緒に運営に参画していただけないかとのお話をいただきました。

日本においては前例のないプロサッカーリーグ設立と同時に発足した後援会、ともすれば「ファンクラブ」的な活動が中心でしたが、これからは「活動共感型組織」として、会員同士の仲間づくり、絆づくり等、レッズランドをより一層有効活用させていただきながら、浦和レッズファミリーの輪を広げていき、「Jリーグ百年構想」の実現を浦和レッズとともに目指していきたいと考えております。

*お知らせ一覧に戻る
*トップページに戻る
Copyright(C)
一般社団法人
浦和レッズ後援会